長倉 友紀子


現在ベルリンを拠点に制作・活動


2006                    常葉学園大学 造形学部 造形学科 立体専攻 卒業

2008-2012           近畿大学四谷アートステュディウム在籍

2012-2013           ベルリン芸術大学 美術学部 ヒト・スタヤルクラスに聴講生として在籍(1学期間)

2015                    エディンバラ芸術大学 写真学科にエラスムス交換留学生として1学期間在籍

2017                    ベルリン・ヴァイセンゼー芸術大学 大学院 Raumstrategien(パブリックアート)学科にて修士を修了

                            担当教授:アリス・クライシア、アンドレアス・シークマン(作品)エリザ・T・ベルトゥツォ博士(修士論文)



主な個展


2010                 「私が変な猫なのは、君が観測してない時だけだ。君にとって私はいつもまともな猫なんだ。」

                         * “二次元より平らな世界”(イアン・スチュアート) より抜粋、GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE、東京

2012                      Can not see / アートカゲヤマ、静岡

2012                      Things that are essential to every day、東京

2015                      “A RECORDED WORLD”/ Neue Galerie Landshut、ランズフート, ドイツ

2015                   The human condition / IDFX、ブレダ, オランダ
2017                   The Nuclear: Power and Family / ベルリン・ヴァイセンゼー芸術大学エントランスホール、ベルリン、ドイツ
2018                 Certainly Ambiguity / 旧東ドイツ・オーストラリア大使館 ベルリン、ドイツ
2018                   Figures / 旧東ドイツ・オーストラリア大使館、ベルリン、ドイツ


主なグループ展

2008                 Landscape Sculpture / GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE、東京
2011                 Wood Land Gallery 2011 / 美濃加茂の森美術館、岐阜
2011                   え と え / GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE、東京
2011                   静岡アートドキュメント / 旧マッケンジー邸、静岡
2012                   静岡Xブレーメンアートプロジェクト “DECWAS”、ブレーメン、ドイツ
2013                   “body | border | body” / TWS ベルリン、クンストラウム・クロイツベルク/ベタニエン、ベルリン、ドイツ
2015                   „NO to the Wall of Shame“-Migrantische Kämpfe in Calais / Versammlungsraum im Mehringhof、ベルリン、ドイツ
2015                   Pay Off / ベルリン・ヴァイセンゼー芸術大学、ベルリン、ドイツ
2015                   Private Parts / GITTE BOHR、ベルリン、ドイツ
2016                   Abschlussausstellung / Kaufhaus Jandorf、ベルリン、ドイツ
2017                 グローカル芸術拠テン(点と展)in Shizuoka、静岡市清水文化会館マリナート、静岡
2019               
  Environmental Arts Exhibition、Mission Cultural Center SF⁣、サンフランシスコ、カリフォルニア
2019                   Transient Existence / Art Object Gallery、サンホゼ、カリフォルニア


アーティストトーク・レクチャー

2019                    Environmental Arts Exhibition / Mission Cultural Center SF⁣、サンフランシスコ、カリフォルニア
2019      蜘蛛と箒 ゲスト講師、東京



主なパフォーマンス・コラボレーション作品

2014                   “Cooking of the Theory”、“VIDEOART AT MIDNIGHT”の一企画 / Kino BABYLON、ベルリン、ドイツ
2014                   Aktion Set / Acker Festival Berlin Theater Ackerstadtpalast, ベルリン、ドイツ
2015                   WIR GEBEN NICHT AUF ! - On lâche rien ! / HAU-Publication “100°Berlin Festival”HAU2、ベルリン、ドイツ
2015                   Aktion Set / CAFE OTO、ロンドン
2015                   Edit Kaldor 作品“Inventar der Ohnmacht”にパフォーマーとして参加/ HAU、ベルリン、ドイツ


アワード

2015                   エラスムス奨学金
2016                   GJA アワード

1984年静岡生まれ。近年はドイツ、ベルリンを中心に活動する。エコロジーとジェンダーをテーマとし、インスタレーションとパフォーマンスを主な表現手法として用いている。2012年に日本からドイツ、ベルリンへ渡った後、ヴァイセンゼー・ベルリン芸術大学の大学院へ入学、そこで芸術理論;主にパブリックアートの理論と実践を学び、2017年には修士課程を終了。大学院在籍中にはエディンバラ芸術大学、写真学科に交換留学生として一学期間在籍し、写真論と技術を学ぶ。


長倉の制作における関心は社会、政治、そして文化的な問題と多岐に渡るが、主には西欧社会におけるアジア人女性の在り方と、近代化に伴う環境汚染の在り方に共通点を見いだし、そこに高い関心をよせている。ヨーロッパを中心に個展を開催、グループ展にも精力的に参加。また、彼女と同じ関心を持ったアーティストとのコラボレーション作品も制作している。

En / Jp

ContactContact.html
TextText.html
YUKIKO   NAGAKURAyukikonagakura.html
Works and ProjectsRecent_Project.html
CVCV.html